就活や自己紹介の時、自分だったらなんて説明するだろう?多分上手くできないと思う。
資格とか、功績とかでそれを補うのかもしれないけど、ずっと肩書きっていらないなあと感じてる。
〇〇のあの人って言い方の肩書きもそうだし、あの人って〇〇なんだよねって使い方も、わかりやすいと思うけどその人が見えなくなるというか、名前だけで十分だと思ってしまう。
もちろんそのわかりやすさで親近感とか、自分と同じだった時勇気を貰うパターンだってあると思うんだけど、これも前のらしさの話と似てしまうけど色んなYoutubeとか何かへのコメントを見ていても、「この人きっと〇〇なんだね」とか「あなた〇〇ですよ、わたしもそうだから」とか、どうしても枠に区切りたい人が多い。
らしさと一緒で、自分で言うならまだしも人に判断されるのは困っちゃいますよね?
一方で、わたし〇〇だったんだ!ってものすごく安心する人もいると思うから、それも含めてもちろん個人の自由です。
わたしは、その枠じゃなくてあなた自身を見たいなぁと思っている所存です!
今日も全員光ってる!